乳酸菌の種類【R-1】

乳酸菌R-1の概要

インフルエンザ流行の季節に、メディアで、インフルエンザ予防効果がある乳酸菌R-1が紹介された途端、乳酸菌R-1が配合されたヨーグルトが飛ぶように売れて店頭からなくなってしまった…驚きとともに、乳酸菌R-1ってなんだ?という疑問を持った方も多いと思います。さて…乳酸菌R-1とは一体どんな乳酸菌なのか?乳酸菌R-1の正式名称は1073R-1乳酸菌といい、ブルガリア菌という乳酸菌の一つです。

ブルガリアヨーグルトは皆さん食べたことがあるかと思いますが、このブルガリアヨーグルトに含まれているのも、乳酸菌。ただ、乳酸菌R-1ではありません。乳酸菌R-1は、非常に特殊な能力を持った乳酸菌なのです。

乳酸菌R-1は、免疫力を高める効果が非常に強いとされ、だからこそ、インフルエンザなどのウイルス予防になると大きく報道されたのです。乳酸菌R-1は、免疫機能活性化を行なうEPSという多糖体をたくさん作り出す力があります。多糖体というのは、免疫機能への重要な役割を持ったナチュラルキラー細胞を活性化させるという力を持っているのです。この多糖体は、きのこ類や野菜、海藻類などに含まれていることでも知られています。

以前、きのこ類にはがん細胞をやっつける機能があると、メディアで話題になったことがありますが、まさにこのがん細胞をやっつけるという働きを持っているのが、ナチュラルキラーなのです。乳酸菌R-1が体内に入ると、このナチュラルキラー細胞がどんどん活性化され、悪い細胞を攻撃、除去してくれる効果があるということなのです。ナチュラルキラー細胞は、体の中の抗原がわかっていなくてもウイルスに感染している部分を見つけ出し攻撃するということができる優れた乳酸菌R-1です。

乳酸菌R-1配合の商品が商品化される前にご高齢者を対象に継続摂取によってどういった効果があるのかを実際に調べた結果では、乳酸菌R-1が配合されたヨーグルト摂取の方々のほうが、牛乳摂取の方々よりも風邪を引きにくくなったと報告されています。さらに、もともと、ナチュラルキラー細胞の活性が悪い人の場合、活性化の力が強まったという結果も出ているのです。メディアでも報道された乳酸菌R-1商品を給食時に摂取した幼児、児童、学生がインフルエンザ感染率が全国平均よりも低かったということでも、乳酸菌R-1が優れた乳酸菌だということがよくわかります。

乳酸菌R-1は継続的に摂取してこそ体にしっかり作用してくれる優れた乳酸菌です。私たちはこの特性と効果をよく理解し、健康のために積極的に摂取していきたいものです。

人気の乳酸菌サプリはこの3つ!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円
(税込)
400円 詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
ライオン
ラクトフェリン+ラブレ
お試しパック
980円(税抜)
無料 詳細
バナー原稿 468×60 (130516)imp
ライオンラクトフェリン公式申し込みページへ進む
久光製薬
「乳酸菌EC-12」
1,810円
(税抜)
無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌の種類ガイド