乳酸菌の種類【LG21】

乳酸菌LG21の概要

LG21というと、皆さんすでにヨーグルトでご存知ではないでしょうか。東海大学医学部の古賀教授とその研究グループが作り出した新しいヨーグルト、それが、明治乳業やわかもと製薬によって開発され製品化されています。ヨーグルトのコマーシャルなどを見ていると、「生きたまま腸に届く!」と広告していますよね。そう、生きたまま腸に届かないと、意味がないといわれていたのです。

胃には強い酸があり、その酸が食べ物を消化し腸に送ります。酸があることで外部から敵が侵入してきても酸が殺してくれるから、胃を通過できる菌があるとしても、胃にとどまる菌はいない。そう考えられていたのです。しかし、それを覆す菌の発見がありました。ピロリ菌です。

皆さんも病院へ行ったとき、「ピロリ菌の検査を」という張り紙を見たことがあると思います。1979年から1983年にかけてピロリ菌の発見があり、胃に長くとどまることができる菌が発見されたのです。ピロリ菌は胃壁を守るための粘膜内にまで進入し、酸の攻撃辛味を守り胃の中で生活することができるというすごい菌です。ピロリ菌は胃の中で悪さをすることもあります。実は胃がんの原因ともなるのでは?という報告もあるのです。

そこに乳酸菌LG21を摂取させてみたところ、ピロリ菌に対する働きも報告されたということです。乳酸菌LG21は、胃の粘膜に到達する力を持ち、しかも胃の中でも活発に動くことができる、つまり、酸に強い乳酸菌名のです。慢性の胃炎などにも症状を改善させる力があるとされています。

東海大学は明治乳業と組んで、ピロリ菌保菌者に乳酸菌LG21の配合されたヨーグルトを1日2回、8週間食べてもらうという研究を行ないました。すると、研究に協力してもらった29人中、なんと26人もの方のピロリ菌が減少したということです。しかもうち3人については、ピロリ菌消滅という成果です。

また、ピロリ菌を保有しているとわかっている方は、ピロリ菌撃退のお薬を飲みますが、その薬には副作用が出ることもあります。ピロリ菌撃退のお薬の副作用は下痢。そのつらい下痢の症状を抑えてくれるという効果も期待されているのです。胃炎を持っている、また、胃痛などに悩まされているという方は、もちろん、病院で検査を受けることが望ましいのですが、並行して、乳酸菌LG21が配合されたヨーグルトなどの食品も積極的に摂取していきましょう。

人気の乳酸菌サプリはこの3つ!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円
(税込)
400円 詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
ライオン
ラクトフェリン+ラブレ
お試しパック
980円(税抜)
無料 詳細
バナー原稿 468×60 (130516)imp
ライオンラクトフェリン公式申し込みページへ進む
久光製薬
「乳酸菌EC-12」
1,810円
(税抜)
無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌の種類ガイド