【乳酸 ビオフェルミン 違い】

乳酸とビオフェルミンの違いの概要

ビフィズス菌と乳酸菌の違いがわからないという人が多いのと同じように、乳酸菌とビオフェルミンの違いは何?とビオフェルミン門に思う方も少なくありません。乳酸菌は、腸内で働く菌で、現在もたくさんの研究者たちが様々な乳酸菌を研究しています。最近では乳酸菌の仲間に、免疫力をアップさせる効果の強い乳酸菌が登場し、インフルエンザ予防になるということで大きくメディアでも取り上げられました。抵抗力の弱い幼児やご高齢者に最適な免疫力アップ食品として、それらの乳酸菌が配合されたヨーグルトなどが飛ぶように売れました。

さて・・乳酸菌と同じような働きを持つビフィズス菌。この両者の違いは、乳酸菌は腸内で働く、ビフィズス菌は大腸内に住み着く菌で、大腸内で働く、さらに乳酸菌は乳酸をたくさん作り出し、ビフィズス菌は乳酸菌ほど乳酸を作り出さないけれど酢酸も作りだすという違いを知ってもらいました。ではまたまた紛らわしいビオフェルミンは、どういったものなのか?

ビオフェルミンは、乳酸菌を利用した薬、医薬品です。乳酸菌を腸内で増殖させる作用があるため、乳酸を腸内で産出させ腸内を正常かさせる効果のある薬なのです。乳酸菌を腸内で増殖させる力を持っているビオフェルミンは、体内に入ると、乳酸を作る際ほかの菌をやっつけていくため、整腸作用があるということです。ビオフェルミンは薬であり、その効能は腸内環境を正常化し症状を改善させるということに利用されます。

乳酸菌が配合されているヨーグルトや乳酸菌飲料は、毎日継続的に利用することが望ましいとされています。健康でも、免疫力を高めるなどの効果を期待できるので、継続的に飲み、病気に負けない抵抗力の強い体を作り出すために摂取するというイメージです。でも、ビオフェルミンの場合はそうではなく、体に不調を感じているとき薬効成分を期待して飲むということになります。ただビオフェルミンは、ほかの整腸剤とは違い、体に副作用があるなどの製剤ではないので、おなかが弱いという人は飲み続けてもいい薬です。

下痢などが止まらない・・・というとき、病院へ行くと、ビオフェルミンが処方されることがあります。赤ちゃんでも、生後3ヶ月になればビオフェルミンSなどを利用できるというものなので、下痢があるという人のほかにも、おなかが弱い人が継続的に飲める薬という理解をしておきましょう。乳酸菌は薬ではない、ビオフェルミンは薬である…という違い。なかなか紛らわしい両者ですね。

人気の乳酸菌サプリはこの3つ!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円
(税込)
400円 詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
ライオン
ラクトフェリン+ラブレ
お試しパック
980円(税抜)
無料 詳細
バナー原稿 468×60 (130516)imp
ライオンラクトフェリン公式申し込みページへ進む
久光製薬
「乳酸菌EC-12」
1,810円
(税抜)
無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌の種類ガイド