【乳酸菌 ビフィズス菌 違い】

乳酸菌とビフィズス菌の違いの概要

私たちの体に良い効果をもたらしてくれる乳酸菌とビフィズス菌。でもこの違いってどんな違いがあるかわかりますか?同じもの…と思っている人も少なくないでしょう。ヨーグルトなどに、この両者、含まれていますから、同じものを違う言い方にしているのでは?と思う方がいても仕方ないと思います。しかし、乳酸菌とビフィズス菌は、分類学的に違う菌なのです。

乳酸菌は糖を分解し乳酸を作ります。これに対してビフィズス菌は糖を分解しますが、乳酸以外に酢酸も作り出します。二つとも腸内にある善玉菌であり、同じような働きをするのですが、専門的に定義を言うと、乳酸菌は消費したブドウ糖100に対し5割以上の乳酸を作るというもので、ビフィズス菌は、消費したブドウ糖100に対して5割以下の乳酸を作り、酢酸の同時に作るというものです。専門書などによっては、同じ乳酸菌の一種といわれていることもありますが、比較すると違いがわかります。

乳酸菌は体の中の象徴に存在していますが、ビフィズス菌の場合、大腸に存在しています。また乳酸菌には酵素がありビフィズス菌には酵素がありません。乳酸菌は酸素がある場所でも生きていくことができますが、ビフィズス菌は酸素があると生きていけない性質を持っています。

乳酸菌は腸内に存在していますが、腸に長く住み着くことができないという菌なので常に補っておく必要があります。でもビフィズス菌は、大腸に住み着いている菌なので常にある状態です。ただし、食べ物やサプリメントなどによって外部から摂取したビフィズス菌は乳酸菌と同じで排出されます。

ビフィズス菌は、赤ちゃんが誕生し数日立つとビフィズス菌の繁殖が始まり、ミルクや母乳から乳糖をえて、乳酸や酢酸を作り腸を守る機能を発揮します。ビフィズス菌は常に大腸内にある菌なので、赤ちゃんからご高齢者まで体の中に存在しますが、年齢を重ねていくうちに、大腸内のビフィズス菌が減少してしまいます。こうなると悪玉菌が活発になり増殖し、大腸内に悪影響を及ぼしてしまうのです。できるだけビフィズス菌のサプリメントなどで補い、大腸を健康に保つことが必要になってきます。

乳酸菌は基本的に、腸内にずっと住み着くということができません。ですから、乳酸菌は年齢にこだわることなく、継続的に摂取していくのが望ましいということが言われているのです。

人気の乳酸菌サプリはこの3つ!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円
(税込)
400円 詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
ライオン
ラクトフェリン+ラブレ
お試しパック
980円(税抜)
無料 詳細
バナー原稿 468×60 (130516)imp
ライオンラクトフェリン公式申し込みページへ進む
久光製薬
「乳酸菌EC-12」
1,810円
(税抜)
無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌の種類ガイド